報徳楽校 の 設立趣旨

  
    
今の子どもたちには、子どもが本来持っている「好奇心」を発揮する場が少なくなっています。

子どもたちは、自然の野原で友だちと様々な遊びや冒険をしながら、発見し、創造し、学習して
いきます。


そして、遊びの中から友情、信頼、思いやり、寛容の心を養っていきます。

一方、今の子ども達の周辺には様々な「危険」があり、安心して送りだせる場(フィールド)が
少なくなっています。


小田原報徳実践会と株式会社報徳農場では、報徳の教えを学んでいる人たちが、自ら作って
いる田んぼや畑をもっており、安心して活動できるフィールドがあります。


また、活動を支える人たちは、自分たちの体験を伝え、自分たちも子ども達から教えられる事
を望んでいます。


このように、報徳楽校には、子ども達が、安心して参加できる環境が整っています。

この様な環境のもとで、学校では学べないようなことを何でも体験してもらい子どもたち
が本来もっている「生きる力」を自覚させることを目的として

   
報 徳 楽 

を設立することとしました。

   

            活動方針
        
   
 
報徳楽校の活動方針は、

 1.楽しみながら学びます

    楽しいから続けられます。
    参加者もスタッフも楽しめる活動となるように企画します
 
 
2.尊徳翁の教えを体験により子ども達に伝え、子ども達の生きる力を自覚させます
    活動は尊徳翁の一円融合の考え方がベースとなっています
    全てのこと、全ての人はつながっているという考え方を
    体験により感じてもらうことを目指します


 3.子ども達が持っている好奇心、冒険心、探究心、遊び心などを発揮できる場を提供します
    思いっきり遊び、体験する場所を提供し、出来る限り自由に活動できるようにします

 4.農業体験、社会体験、人との関わりなど、分野を決めずに何でも体験できることを目指します
    参加の皆さんの希望を随時とりながら、活動プログラムをつくります

 5.農産物を作る過程を体験し、食に対する感性を高め、食べ物を大切にする心を養います
    自ら収穫し、自ら作って食べることで感じる事があるはずです
    食べる事の大切さを体験により学びます


 6.社会体験を通し、モノが作られ販売される過程を学び、モノを大切にする心を養います
    小田原報徳実践会の会員の会社で提供頂き、社会の活動に触れます

 7.地域の大人たちとの交流により、自分を取り巻く社会を知り、広い世界を感じてもらいます
    活動スタッフには様々な年齢、経験を持った方々がいますので、活動で大いに触れ合って
    様々な感性を体得してもらいます


 8.親子が共に活動できる場があり、親子の絆を深める機会を提供します
    親子の参加経験が、家庭で多くの会話を生み、沢山話し合うことができたら
    すばらしいことです


 9.万物が持っている良い点(徳)を体験により感じ、それらが互いに融合して世界が出来
  あがっていることを体で感じ、理解すること目指します。