2.もちつき体験
 四季の里へ戻ってきたら、まずは手洗いし手を消毒します。

みんながミカン狩りをしている間に、もちの準備が始まっていました。
今回用意したお米は14升分、たっぷりありますのでついたら、待機していた保護者のみなさんがチームごとに
いろいろな味付けで準備をはじめていました。

 餅つきと指導は、毎年お世話になっている報徳楽校卒業生の佐宗さんご一家です。
戻ってきた子ども達は早速手洗いと消毒をして、餅つき体験をさせてもらいました。
杵は佐宗さん特製の子ども向けの軽いものを準備してくれています。

 
   
場 所 : 四季の里   <42家族>
参加者 : 
児童63名、保護者52名、スタッフ24名=合計139名
 1.ミカン狩りて  
 
  

始めの会が終わったら、今日の活動開始。
近くのミカン農園まで徒歩で10分ほど移動します。
富士山を見ながら、紅葉の森もきれいで季節感のある散策となりました。

ミカン園に到着したら、柳川さんの奥様にご挨拶し、
収穫の仕方を教えてもらってから、
ミカンの森に散ってそれぞれ親子でしばらくの間みかんをたくさん食べ、
袋にいっぱい収穫し、陽だまりの中でのんびりと過ごしました。

 

報徳楽校八期9日目
  修了式

BACK

2017年12月3日

 八期最終日は大井町四季の里での活動。
天候にも恵まれ周辺では他団体のミカン狩りがあり
多くの人が来てにぎわっていました。


まずは柳川みかん園では季節の味覚を存分に味わい、
戻ってつきたての餅を食べお腹が膨れたらアンケートに記入、
子ども達は外へ出て公園で遊んでいる間に保護者会、
農村公園で記念写真、戻って修了式、
みんなで感想を話し合う会をして一年の活動を終了しました。

今年も富士山がきれいに見えて穏やかな一日でした。


 3.修了式  
 

修了式では、修了証書を横田校長先生から
参加児童全員に授与しました


今年送る言葉は
「神儒仏正味一粒丸」


そして恒例の卒業写真は
いつも通り楽しそうな笑顔があふれていました。