1.設営とあいさつ  
 
  


まずは、みんなが集まり、食事ができる場所を設営しました。
タープの持込みもあり、みんなで会場作りから始めました。

この日のゲストは、大井自然園長の一寸木肇先生で、
生き物探し、川の楽しみ方など全般ご指導いただきました。


  
BACK

報徳楽校六期6日目
 川遊びとバーベキュー

場 所 : 松田町寄ふれあい農園
参加者:小学生24名、園児8名、保護者26名、スタッフ13名=合計71名

2015年8月23日

4.バウムクーヘン



一通りおなかが一杯になったら、
こんどはバウムクーヘン作りを始めました。
太いものをつくるには、熱い火の廻りで汗をかきながら
何回も焼かなければなりません。

 良く我慢して焼きましたね。

 

報徳楽校の川遊びは2年ぶり2回目の活動。
8
2回目の活動でもあり参加者はいつもより少なめでしたが、
一寸木先生の生き物探しから始まり、とび込、バーベキュー、
バウムクーヘン作りと盛りだくさんで大いに楽しんだ活動になりました。

会場は松田町寄(やどりき)にあるふれあい農園の施設と、
その前の中津川が活動場所、天気も丁度良く一日楽しく過ごしました。

 3.バーベキュー  

  昼は焼そばバーベキュー、
みんなで作りながら食べようを合言葉に
鉄板の廻りで入れ替わり立ち代わり焼きそばをマイ皿に移して、
食べました。

火おこしチームはかなり苦戦しましたので
次回からは着火剤の準備が必要との反省が出ていました。 

 
 2.川遊び
 

川の水はきれいで、それほど冷たくなく水に浸りながら
生き物採取をしました。 
夏でも川の中はとても涼しく過ごしやすい場所になっています。

ひとしきり探したら、水槽に入れて、
みんなで観察しながら先生のお話。

ここの水はきれいなので、清水の中にしか住めない魚や
虫たちが観察できたのです。

想定された生き物たちは殆ど採取できたので、
先生のお話もとても有意義でした。

  
          
 
観察が終わると、近くの滝で泳いだり、とび込をして大いに盛り上がりました。

特に飛び込みは、保護者が見守る中、思いっきり飛び込んでおり、子ども達が飛ぶたびに拍手が出ていました。