BACK

報徳楽校七期8日目
 子ども報徳市

場 所 : 報徳楽校子ども農園 / 尊徳記念館
参加者 :
 児童36名、保護者27名、スタッフ11=合計74名

2016年10月15日(土)


尊徳記念館の報徳祭で「こども報徳市」を実施するプログラム。
今年の販売品目はお米、サツマイモ、里芋、かぼちゃの4種類で、
米は田んぼを増やしたので40袋100Kgの販売、
サツマイモも大量に植え付け十分な販売量を確保し、
これらをいつものように子ども達の元気な声で
2時間ほどで完売しました。

売上は目標通りを達成し、11月12月の活動費ができました。
 4.収支計算  
会計さんはかなり忙しいです。
品目別に集計しますので、みんなが持ってきたお金が
「何が売れたお金か」を確認しながら記録していきます。

お母さんも積極的に手伝ってくれて、最後に集計したら記録より、
お金が多くなっていましたが、
ほぼ予想通りの金額になり、混乱なく決算できたのです。

 
 3.販売開始  

12:25販売開始式。 店長の6年生たく、さり、はやとの掛け声で
「売るぞ!おー!」と気合を入れて販売開始。

各店から大きな声で掛け声が始まり、最初は声を出せなかった子ども達も
友だちの声につられてだんだん大きな声で
「無農薬のお米ですよ」
 「おいもはいりませんか」などなど、
熱心に販売する姿がみられました。


「売って喜び買って喜ぶ」を大切に、準備してきた野菜をみんなの努力で販売する姿は、
毎年感動を与えてくれ、見ていてほほえましい光景です。
元気な子ども達の声が2時間、尊徳記念館の前庭に響き渡っていました。 

 
    
 2.洗浄・包装・販売準備
  
 
 収穫した芋は報徳農場で、水で洗って泥を落としきれいにしてから
 尊徳記念館の会場へ運びます。
 子ども達は水を使う作業も楽しそうでした。

 一方、尊徳記念館へ先乗りした皆さんは、出店の準備をします。
画用紙に芋やお米の絵や文字を書き込んで値段表を作ります。
みんな絵が上手で、画用紙に書いて店の前に貼り出すと
お店らしくなりました。

    
 1.子ども農園にて  
 
  


この日は朝から快晴で絶好の芋ほり日和。
6月に600本の苗を植えたので畑は全面芋に覆われています。

まずはつる切りから始めて、親子で芋を掘り出し、
それをみんなで「売れそうな芋」をより分けます。
小さい芋や穴の空いた芋は別にしておき、みんなで分け合って持ち帰ります。

1時間の作業でサツマイモの収穫、畑の整理が完了しました。
芋を掘る時の子ども達はとても良い表情をします。
土の中から紅色の芋が出てくると結構心が躍るものですね。