BACK
NEXT

5月30日 田植え

 

前日まで雨模様でしたが、
なんとか曇り空の一日雨のなく無事田植えて
終了しました。

  風はちょっと寒い日でしたが、
泥の中は温かくみんな楽しそうに元気に活動しました。

   参加児童49名、保護者約23名、スタッフ8名

 4.泥んこ遊び
 いよいよ田んぼに入ります。 まずは泥んこに慣れるために、とにかく歩いてみよう。
 ちょっと慣れたら、今度はチームごとに1列になり友達の肩に手を置いて、みんなでつながって歩いてみよう。

 泥の中は温かいけど、けっこう深いので歩くのがむずかしいです。
 

  
 
  
 
 5.田植え
 いよいよ田植えをします。
  6つの区画にチーム別に区切られた場所にみんなで協力して植えます。
  田植えが終わったら、看板を作って貼りつけました。
  一番うまく、きれいに植えられたチームは、どこでしょうか?


ほうとくチーム  

ほうとくにのきんチーム  

メロンチーム
  

ともだちハッピーチーム  

いちごチーム  

ディズニーオールスターチーム 

 
 
   
 
   

 6.昼食

田植えの後はお待ちかねの昼食です。
 この日は、支援スタッフの皆さんがおにぎりをたくさん作ってくれました。

 お米は、校長先生からの推譲品です。
 もうすっかり慣れてきて、班ごとにならび、小さい子から最初に並んで
 おにぎりとたくあんをお皿に乗せてもらいました。

 

  自分たちで組み立てた昼食用ベンチ
  

   


 3.機械による田植えの見学
 まずは報徳農場や一般の農家で行っている

 機械を使った田植えのやり方をみんなで

 見学しました。

  田植え機を使って植えてくれたのは、

 この田んぼを管理している報徳農場の小早川さんです。

みんなで準備した板にチーム別に座り、
今日の活動についてかずさんから説明をしました。

朝まだちょっと肌寒い日でしたが、
みんなの熱気が伝わってきました。   
 
 2.説明 
   コメの説明がジャンボさんからありした。
 お茶碗1杯のコメの数は何粒?

   正解は約3000粒
稲穂1本は70粒くらいだから稲穂の本数にすると40本ちょっと。

   稲刈りのときに40本ってどれくらいか調べてみよう。
 米という字は 八十八と書くんだよね。

   立春から八十八夜の頃(5月2,3日頃)に、
農家では稲の種まきをする


     
  
  田植えの指導をやぎちゃんがしてくれました。

  田んぼの歩き方はどうするのかな?
  苗の植え方は?
  1回に植える苗は2,3本だよ。

  保護者の皆さんには、
ひもをもって移動してもらう役、
苗を投げてくれる役と
  みんなで分担してやります。

 
      
  
1.準備