こんな作業も
  
コンバインから出て来たイネに、お米がついているイネがありました。
  これはもったいないので
、「落ち穂拾い」をしました。ゴザを敷いてその上で手で脱穀です。
  これでも結構お米がとれました。
  また、脱穀されたイネは、田んぼで乾かすために立てておきます。これも仕事です。


 

 昔の機械を 
   作業終了後,杉田ジャンボさんが、足踏み式脱穀機と唐箕(とうみ)を持ってきてくれて、
 「昔はこんな作業をしていた」と実演してくれました。
 脱穀機の構造は、いまのコンバインでも同じような構造をしているだと、コンバインの中を見せてくれました。
  

BACK
NEXT
TOP
稲刈りとバーベキュー
 稲刈りの説明
まずは、杉田ジャンボさんから、稲刈りの説明です。
イネの刈り方、稲の穂の何粒の米がついている?
ご飯茶わん一杯には何粒のお米がはいっている?
などなど、親子で真剣に聞きました。
 
 
  稲刈り
  いよいよ稲刈り開始です。
  みんな、準備した鎌をもって、田んぼにはいりチーム毎に早速刈り取り始めました。
  刈りはじめると、けっこう楽しく、どんどん進行して行きました。
  刈り取った稲は、束ねて、重ねていきます。互いに手渡ししたり、親子で仕事を分担したりと
  それぞれが、思い思いに作業をしていきました。




 
 

 たいへんでしたが、なんとか稲刈りが終わったら、こんどはコンバインまで刈り取った稲を運びます。
 たくさんのお米がとれましたので、運ぶ作業も結構たいへんでしたね。
 一度に機械の周りに取りつくと危ないので、順番にならんで、ひとりずつジャンボさんに手渡しして
 脱穀がはじまりました。

 稲刈りとバーベキュー
 報徳楽校の重要な行事のひとつ、いよいよ稲刈りです
 金色に実った稲を、自前の鎌をもって集まった皆は
 早速田んぼにはいって、稲を刈りました。
 
 刈ったあとはそれをコンバインまで運んで、落ち穂拾い
 をして、ワラを立てて、米を片付けると、作業はたくさん
 あり、みんなで力をあわせて一生懸命活動しました。
 
 収穫したお米は、修了式でみんなに配られます。
 午後からはみんなでバーベキューをして収穫を祝い
 ました。
 
 収穫祭 バーベキュー
   

 仕事が終わったら、報徳農場へ移動してバーベキューをしてみんなでおいしく頂きました。
 仕事のあとのバーベキューは格別でした。ちょっと焼きソバが少なかったですね。準備不足でした。


 芋掘り
  帰りに芋掘りをして、お土産に持って帰りました。