収穫
 まずは、収穫から開始です。 
 収穫班は、サツマイモ班、小松菜班、サツマイモのツルの班に分かれて作業開始。
 雨の中で泥だらけになりながら、芋をみんなで掘りました。コンテナにいっぱいイモがとれました。

 工程は、加工場所まで運び、一つずつ切り取り、泥を落として、1キロずつ重さを測り、袋に入れます。
   
 小松菜班は、農場裏の小松菜畑から、成長した小松菜を収穫しました。
 工程は、根から引き抜いて、水道近くに運び、泥を綺麗に洗浄してから重さをはかって袋に入れます。
 サツマイモのツル班
 主に保護者の方を中心に作業してもらいました。 ツルは仕入れが無料なので全部利益になります。
 丁寧に葉を切り取って袋に入れる作業です。
    
 包装
 水道で綺麗に洗ってから、重さをはかって袋に入れる作業です。
 こんな作業も、これから販売するとなるとなんか夢中になってやってしまいます。
      
 
 
  いよいよ販売  
   尊徳記念館に移動して、こども報徳市販売開始です。
  野菜を並べる前から、沢山のみなさんが買ってくれ、好調な販売でスタートしました。

  2時間ほど、みんな頑張って売りました。
  呼び込みも、販売のポスターをつくり、会場に来る人皆に声をかけて売っていました。
  子ども達の元気な声に、近くにいた皆さんどんどん買ってくれました。


  野菜、柿、芋のツルも完売しました。
  お米は少し残りましたので報徳農場へ引き取って頂きました。
 
    
 
    
 
  販売終了 利益は?  
  販売が終了したら、利益を計算します。仕入れの金額と販売した金額を野菜別に計算し
 利益を計算していきます。子ども店長を中心に悩みながら計算しました。
 途中、柿の値段を下げてしまいましたので、いくらで何個売ったか計算が難しくなりました。

 4つのチーム合計で18624円の収益がでました。

  みんなで相談し、このうち9000円を東関東大震災の被害を受けた相馬市へ寄付し
  残りを、修了式で使うよう報徳楽校の予算に入れることにしました。
 
     
BACK
NEXT
TOP
子ども報徳市
 子ども報徳市
  朝から雨の土曜日、報徳農場に集まった楽校のみんなは、
 雨の中で、野菜の収穫、洗浄、袋詰めの作業をしました。
 
 昼には、尊徳記念館へ移動し、小田原市の尊徳祭が開催さ
 れている会場で、早速販売を開始。みんなの大きな声で
 一生懸命に売る姿に、たくさんの皆さんが買ってくれて、
 野菜は完売できました。
 
 収益金は、18000円ほどあり、9000円を小田原市が実施し
 ている相馬市の子どもたちへの奨学金に寄付し、残りを修了
 式での餅つき費用にあてることにしました。